思い出のフォトブック

未分類

写真は、その時の時間を切り取っていきます。フィルムカメラのように、やり直しがきかないようなものではなく、スマートフォンを使うと、手軽に撮れるようになりました。フィルムカメラのような枚数制限はなく、容量いっぱいまで撮りためられるようになり、その場で見ることもできるでしょう。手間も格段に減らせるようになりました。しかし、デジタルデータとしての写真は、味気ない部分があるのも間違いありません。印刷する機会が減ったとしても、やはりフォトブックのように、手に取れる写真は重みがあります。メールに添付したりはできませんが、物質として手に取れる感触は、やはり欠かせません。

思い出子供たちの思い出を取りまとめたり、自分の人生を振り返ったりするときに、整理されているフォトブックは大事なものになってくるでしょう。電源を入れなくても、好きな時に見られる利点もあります。だれでも手渡せば見られますし、情報として供給もできるでしょう。昔ながらの写真には、デジタルにはないあったかさもあるからです。

以前であれば、アルバムのようにフォトブックを作ろうと思えば、1枚ずつ自分で配置していく必要があったでしょう。これがデジタルになり、簡単に作れるようになっています。オリジナルの写真を作り出せるようになっており、複製も作れます。アルバムのような巨大なものではなく、一冊の本のようにできるのですから、ネットワークプリントを活用しながら作成するのを考えてみましょう。